谷歯科ニュース

平成28年9月28日(水)

増築工事完了のお知らせ
ご迷惑をおかけしておりました増築工事は、おおむね完了いたしました。
駐車場も以前通り6台分使用可能です。
ご協力ありがとうございました。
『谷歯科facebookページ』でもご紹介しています。是非ご覧ください。

平成26年9月1日(月)

『(医)谷医院40周年・(医)谷歯科医院25周年記念パーティー」を開催いたしました。
これからも地域医療に貢献し、愛される医院づくりを目指します。 >>詳しくは、
『谷歯科facebookページ』
『院長ブログ』
をご覧下さい。

平成26年6月12日(木)

谷歯科 WEBサイトをリニューアルしました!!

平成26年1月15日(水)

大阪労災病院・市立堺病院との医療連携について
(医)谷歯科医院は、大阪労災病院と市立堺病院の医療連携登録医です。
>>大阪労災病院 登録医ページは、こちらから
>>市立堺病院 登録医ページは、こちらから

平成25年11月22日(金)

大阪労災病院との医療連携について
(医)谷歯科医院では、大阪労災病院とがん患者様の手術前の口腔内ケアを目的とした医療連携をとることになりました。
詳しくは、こちらのページをご覧下さい。

平成25年10月18日(金)

診療順番通知システム「コールちゃん」が始まりました。
受付完了後、ご自身の車の中でお待ちいただき、順番を無線でお知らせできるシステムです。詳しくは、こちらのページをご覧下さい。
『谷歯科facebookページ』 でご紹介しています。
ぜひご覧下さい!

平成25年10月2日(火)

夜間・休日緊急時の連絡先について
夜間・休日などの緊急時には、以下のHot lineをご利用ください。
可能な限り対応いたします。
(医)谷歯科医院ボイスワープ
072-253-4180 もしくは、[handy phone]090-1226-4180
宜しくお願いいたします。

平成25年6月7日(金)

歯科検診に行きました♪
あい保育園(北花田)に歯科検診に行きました♪
泣いちゃった子もいますが、みんながんばってお口を開けてくれました。
『谷歯科facebookページ』でご紹介しています。
ぜひご覧下さい!

平成25年4月26日(金)

念願の専用駐車場!
診療所真横に念願であった専用駐車場がオープンしました。
今まで診療所裏の少しわかりにくい所に駐車場がありましたので、皆様にご不便をおかけしておりましたが、これからは雨の日もほとんど濡れることなく診療所に来ていただけます。どんどん、ご利用下さい。

平成25年4月2日(火)

『ご近所ドクターBOOK』2013.Spring号
南大阪地域の医療機関情報誌『ご近所ドクターBOOK』に谷歯科医院が掲載されました。
是非、ご覧下さい。

平成25年3月8日(金)

「あい保育園北花田」と嘱託医業委託契約を結びました。
2013年4月 奥本町1丁にて開園予定の「あい保育園北花田」と嘱託医業委託契約を結びました。『谷歯科facebookページ』をご覧下さい。

平成25年2月26日(火)

AED設置場所
「堺市五箇荘校区 地域防災マップ」にAED設置場所として(医)谷歯科が掲載されました。

診療時間
診療時間
  • 最新のCAD/CAM審美歯科治療セレックシステム外来スタート。
  • いちょうインプラントセンター
  • インプラント:ノーベルバイオケア
  • 大阪大学歯学部
  • 「世界の山ちゃん」
  • 「渡邊啓太オフィシャルブログ」
  • 安心して治療を受けていただくために、歯科用CTを導入しました。
  • 「歯周病でお困りの方へ」 当医院は、(医)谷医院(内科・小児科・東洋医学科)との提携による 糖尿病・高血圧症・肥満 いわゆる成人病による歯周病の治療・予防に取り組んでいます。糖尿病・高血圧症があり歯周病でお困りの方は、内科による健診結果(血液・血圧等)を持参のうえご来院ください。

トップページ > よくある質問

よくある質問

質問1
小さなむし歯でもなぜ大きく削るの?

答え1
「思った以上に歯を大きく削られた! 」と歯科医師に不信を感じられた患者さんもいらっしゃるでしょうが、中で大きく広がっていることがよくあります。
 歯の表面のエナメル質は硬いので小さな穴でも、中の象牙質は軟らかいのでむし歯の進行も急ピッチになり大きく広がるのです。また、ある程度の大きさまで削らないと、取れにくい詰め物が作られない場合もあります。
ところで、まだ顕微鏡が発明されていない時代から人々は、穴が空いた歯を「むし歯」と呼んでいました。きっと穴の形状から栗や林檎、樹木の虫食いと同じように虫が食べている(生物のしわざ)と感じたんでしょうね。先人の豊かな想像力に脱帽ですね。

質問2
学校の歯科検診でCO、GOの歯があると言われましたが、何でしょうか?

答え2
COは、むし歯が始まりかけで、そのまま放置すると歯が壊れる可能性が高いが、口の中を清潔に改善すれば健全な歯に戻せる状態を言います。
GOは。口の清掃が悪く、歯垢(しこう)が付着していて、歯肉に軽い炎症が認められる状態を言います。
学校健診の重点が昔とは変わって、治療ではなく保健指導に移っています。CO、GOの生徒児童には、学校で養護教諭によるブラッシング指導や、食事や間食の指導がされます。
対象者が少ないときは個別指導ができますが、多いときは集団指導となり、不十分な場合も起こります。
家庭でも子どもさんの磨き方や食事、間食の様子に気をつけて、口の中が良い状態を保っているよう、心がけましょう。もし、不安ならば歯医者さんに相談してきちんとした指導を受けられるのが良いでしょう

質問3
前歯が重なって磨きにくいです。大人になっても歯の矯正はできますか?

答え3
歯並びが悪いため歯ブラシがあてにくく、むし歯や歯周病になりやすい大人の方はよく見受けられます。改善するために歯を動かすことは、大人になってもできます。
しかし、歯並びの改善 ── 顎の大きさと、そこに並ぶ歯の大きさと数が調和の取れた状態にする ── という歯の矯正学は、基本的に未成年に対して行 う治療として発展してきました。つまり、歯の大きさや数より顎が小さければ、成長期を利用して顎を大きくしていくということです。大人の場合は成長が期待 できませんので、歯の数が多ければ歯の間を間引くことで調整します。
矯正治療を受けることで見た目も改善され、磨きやすくなるので歯の健康も獲得できますが、治療には健康保険が適用できないことがほとんどであることと、治療期間も短くないのでまずは歯科医にご相談ください。

質問4
妊娠中の口腔ケアは大事なの?

答え4
歯周疾患は早産・低体重児出産のリスクを高めます。妊娠中の口腔ケア指導は、出産時のリスクを減らすだけでなく子どものむし歯予防にもつながり、産科・歯 科の連携が大切です。赤ちゃんの乳歯は妊娠中に作られ、口腔ケアの指導を妊婦さんが受けることは、早産のリスクを減らすだけでなく、赤ちゃんの歯の健康に もつながります。
『妊娠したら歯が弱くなる』はウソで、つわりや育児で口腔ケアが十分できなくなり、妊娠・出産で むし歯になる人が多いようです。
赤ちゃんに母乳やミルクを与えたらお口の中をきれいに清掃してあげてください。「強い歯は、母で作って子どもで守る」昔の言葉です。

質問5
新しくかぶせたこの歯、いつまでもつのかしら?

答え5
かぶせた歯が持たない場合として、歯が割れること、もしくはむし歯の再発などがあります。
残った歯質が少ないほど割れやすくなります。どれくらい歯質が残っているかが長持ちに影響します。また、むし歯は歯の周りに長く汚れが付くことで発生します。かぶせた歯を大切な指輪のように金庫に入れておけるなら、そのままの状態を保つことはできるでしょう。
しかし、お口の中にある歯は食事をするたびに汚れます。ほっておけば、かぶせと歯の境目からむし歯が再発します。
失われた歯質は戻ってきませんので、割れないようにするにはかぶせた歯で硬いものをかじるのは避けましょう。そして歯をよく磨いてください。このふたつを意識してもらうだけでも長くその歯を使って頂けます。
治す前の歯の状態は、人それぞれ違いますから、心配のある方は担当の歯科医に詳しくご相談ください。